ダイエット情報その7 メタボ対策は・・・

ダイエットへのいざない

カテゴリ

プロフィール

キーワード

サイト管理人名・・・ダイエットへのいざない者(←そのまんま笑)
身長・・・168cm
体重・・・70kg
性別・・・♂
♂ですが、痩せたいという気持ちは性別関係ないですよね!
こんにちは!このサイトでは、みなさんが日々奮闘しているであろうダイエットに関する情報を集めたブログです!みなさん、ダイエット継続出来ていますか?僕も今挑戦中なので、お互いに頑張って、人に見せれるボディを目指しましょう! どんなダイエットにしろ、継続することが重要だと思っています。ダイエットの一番の敵は、三日坊主であることを頭に入れて、それと戦っていきたいですね。 充実したブログにできる・・といいなぁ(笑) キーワード

Sponsored Link

ダイエット情報その7 メタボ対策は・・・

 さて、今回はメタボリックシンドロームの対策について述べていきたいと思います。よろしくお願いします!
 メタボリックシンドロームになると動脈硬化が進行しているケースがあります。残念なことに、それは自分ではまったく気がつかないことが殆どのようです。ここではその「動脈硬化」についてご紹介していきたいと思います。なぜなら、動脈硬化予防はメタボ対策の1つとして重要なものだからです。中性脂肪が多い人はほぼ全員がドロドロ血液と言われています。なぜなら、内臓脂肪が蓄積されることで中性脂肪が増え、善玉コレステロールが少ない状態だと血液の流れが悪くなるからです。メタボリッククシンドロームをそのままにしておくと次のような危険性があります。
 それはドロドロ血液で動脈硬化が進行することにより、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞の原因となることです。
 動脈硬化のせいで一時的に血液が心臓に送られない状態を狭心症といいます。
 心筋梗塞は心臓に酸素と栄養が行き渡らなくなっておこります。それは血管に血の塊が詰まり(血栓)血液の流れが止まってしまうのが原因です。
 脳梗塞は脳細胞に血液が流れなくなる状態のことを指します。これは脳の血管に血栓ができるのが原因でおこります。
 メタボリックシンドロームにより動脈硬化が進行すると、このような深刻な病気の原因となることがあるので気をつけなければなりません。これらは命に関わる病気です。その中でも、動脈硬化は様々なメタボリックシンドロームの中で一番恐ろしく気をつけなければならないものだと言えるでしょうね。ついつい軽く考えて、ちょっとくらい中性脂肪が多くても自分は大丈夫などと考えてしままいがちです。。。
 しかし他の様々な条件と重なり、メタボリックシンドロームを発症することでこれらの病気の危険性が高くなるので気をつけなくてはなりません。健康診断などで動脈硬化の危険性が判明した場合は、日々の生活からメタボリックシンドロームの対策をする必要があるでしょう。まずは生活習慣の改善をしてメタボリックシンドロームと決別しサラサラ血液を目指しましょう。

 ダッタンそば茶…血管強化ビタミン「ルチン」が豊富に含まれており、サラサラ血液になるお手伝いをしてくれるようですね。
Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。